HOME > 診療案内 > 知覚過敏の治療

知覚過敏の治療

知覚過敏とは



歯がしみて虫歯があるのでは?と歯科を受診して「虫歯はありません」と言われ「変だな~。」と思った経験はないでしょうか?それは知覚過敏症で虫歯などの異常がないのに歯がしみている状態のことです。

歯の根元が楔状に削れてきている、歯周病が原因で歯ぐきがやせて歯の根の部分が露出している場合など外見から比較的見つけやすいケースから、外見上もレントゲンなどで調べてもよく分からないケースもありますので当院では検査をして、原因を突き止め適切な治療を行います。

当院で行う知覚過敏の治療

通常は、薬を塗る、削れてしまった部分を歯と同じ白い詰め物で埋めていきます。
多くの場合はこれで改善しますが、しみる症状が強い場合などはまれに神経を取ることもあります。

歯ぎしりや歯をくいしばる癖がある方の場合、それが原因で歯の表面に細かな亀裂が入り広範囲がしみてくるということもあります。このようなケースではマウスピースを作って歯を守ることにより症状が改善することもあります。

大事なのは虫歯がないのを確認することで、「黒い虫歯みたいな穴が開いていないからきっと知覚過敏だろうと判断し市販の歯磨き剤などを使っているうちに、見つけにくいとことなどに隠れている虫歯が大きくなってしまった」というが起きないようにすることです。

神奈川県藤沢市南藤沢8-3
プレジデント藤沢112

大きな地図で見る

藤沢駅より徒歩5分
OKストア斜め向かい、プレジデント藤沢の玄関を入って右奥
※駐車場をご利用の方はお問い合わせください。

お問い合わせ