HOME > 診療案内 > 歯周病 > 当院の歯周病治療

当院の歯周病治療

初期歯周病から中期歯周病の治療法徹底的に歯石を取り除きます

歯周病治療の基本は、歯石(プラーク)を確実に取り除くことです。
それは、プラークコントロール歯石の除去(スケーリング)が重要となります。
しかし、歯周病が進行した場合、その進行の度合や症状に応じた治療が必要となり、高橋歯科医院では、ある程度進行した歯周病の患者様には、外科治療を行います。

ブラッシング指導
ブラッシング指導 のイメージ

すべての歯がうまく磨かれているか確認するのは、なかなか難しいものです。
ご自身の歯並びやブラッシングの癖などをしっかりと理解していただいた上で、ご自身にあったブラッシング方法を習得していただきます。

スケーリング のイメージ
スケーリング

歯石は歯の表面に強固に付着しているので、超音波ではがしたり、鋭い刃を持つ器具で弾きとばしたりします。
特に歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝)の歯石は取り除きにくく、溝が深ければそれだけ取り除きも多くなります。

Flap Operation のイメージ
Flap Operation

歯周ポケットが深く、スケーリングだけでは歯石を全部取り除けない場合、器具が届くよう、歯肉をめくり、歯の根っこを露出させた状態でお掃除します。
この方法を「Flap Operation」といいます。かなり細かいところまで歯石の除去が行えます。

GBR のイメージ
GBR

通常、歯周病によって溶かされた骨は再生しませんが、特殊な膜を骨の吸収した部分に貼り付けることで骨の再生を促進させる事ができます。
この膜は自然に体の中に吸収されていくもので安心です。他にも症例にあった様々な外科的治療法があります。

重度歯周病の治療法再生療法(エムドゲイン法)を行います

エムドゲイン法(自費診療) のイメージ
エムドゲイン法(自費診療)
  • スウェーデンのビオラ社で開発された歯周組織再生誘導材料です。
  • エムドゲインは、歯を形成するときの蛋白質と同じ役割をします。
  • 特に部分的に骨がダメージを受けている時に有効です。
  • 再生は数年かけて、ゆっくりと回復していきます。

歯周外科手術の際に、手術部位にエムドゲインゲルを塗布することにより、歯の発生過程に似た環境を再現することができます。こうして、初めて歯が生えるときと同じような強固な付着機能を持つ歯周組織の再生を促し、健康な歯周組織を取り戻します。(適応症としては、部分的な骨の欠損となります)

神奈川県藤沢市南藤沢8-3
プレジデント藤沢112

大きな地図で見る

藤沢駅より徒歩5分
OKストア斜め向かい、プレジデント藤沢の玄関を入って右奥
※駐車場をご利用の方はお問い合わせください。

お問い合わせ