HOME > 診療案内 > 入れ歯

入れ歯

患者さんに合う入れ歯の作成~痛くない、噛みやすいを実現します~

痛くない、噛みやすい入れ歯とは? のイメージ 入れ歯といってもその種類はさまざまで、種類によってメリットデメリットも異なります。
「痛くない、噛みやすい入れ歯ってどんな入れ歯?」というご質問をよく受けますが、まず、第一に、ご自身のあごにしっかりフィットしているか?というのも大事ですが、「入れ歯の種類」も大変重要です。

最近はいろいろな種類の入れ歯の素材があります。
患者さんに合った入れ歯を作成するためにまず検査を行ない症状に合わせた入れ歯を作成させていただいております。

部分入れ歯とブリッジとインプラントの違い

現在、部分入れ歯以外の選択肢でインプラントやブリッジといった歯科治療がありますがそれぞれの治療にはメリット・デメリットがあります。
当院がなぜ部分入れ歯を推奨しているかと言うと、取り外しができるからです。

取り外しができる事で、使用するうえでの入れ歯の変化や歪み等をその都度調整をする事が可能になります。
入れ歯が合わなくなる度に通院するのは患者さんにとってデメリットかもしれませが、このデメリットをご理解いただいて通院いただければ当院では患者さんの状態に合った部分入れ歯を作製する事が可能です。

部分入れ歯
部分入れ歯 のイメージ
インプラント
インプラント のイメージ
ブリッジ
ブリッジ のイメージ
特徴 取り外しができる。
人工の歯を歯茎にのせる
歯の根の変わりになるチタンの棒を骨に埋め込み、その上に歯をかぶせていく方法。 失った歯の両側の歯を削り土台にし,冠を橋渡しして失った部分を補う方法。
長所
  • 取り外しができる
  • 比較的簡単に治療が受けられる
  • 調整が可能
  • 自分の歯と同じような噛む力、味覚、感覚を回復できる
  • 見た目がよい
  • 固定式なのであまり違和感がない
短所
  • 取り外して手入れが必要
  • 違和感が出ることもある
  • 手術が必要
  • 治療期間が長い
  • 体質や疾病、骨の量が十分でないとインプラントができない
    (骨を移植すれば可能)
  • 費用がかかる
  • 歯磨きが出来ない方には不向き
  • 両側の土台となる健康な歯を削らなければいけないので負担が大きい
  • 土台の歯の寿命が短くなる
  • 土台の歯が健康でない場合ブリッジできない
  • 抜けた歯のアゴの骨が痩せる可能性がある
  • 食べ物のカスが詰まりやすい

実物で比較する保険の入れ歯と保険外の入れ歯

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い のイメージ 保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い のイメージ

左半分が自費の総入れ歯、右半分が保険の総入れ歯のそれぞれ見本になります。
自費の入れ歯の金属部分の厚さは約0.7mm、保険のレジン(樹脂)部分は約2mmになります。自費の入れ歯は保険の入れ歯の約1/3の厚みですが、実際お口の中に装着するとその差は数値以上に大きく、より違和感が少なくなります。

自費の総入れ歯は金属を使用しているので、熱がよく伝わります。温かいもの、冷たいものを食べたり、飲んだりするとその温度がすぐに上あごに伝わり、より食感が判ります。


保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

保険で製作するレジン(樹脂)の入れ歯は欧米において治療の前などに一時的に使用する仮の入れ歯として位置づけられています。

欧米で長期に使用する入れ歯に使われる金属床(金属製)の入れ歯は日本の保険では作れません。
残念ながらその差はかなり大きく、今まで入れ歯でお悩みになられていた方は一度理想的に設計された自費の入れ歯を使ってみるとかなり楽になることが多いです。入れ歯が合わないからとインプラントをする前に、自費の入れ歯を作ってみてはいかがでしょう。

保険 自由診療
素材
(歯ぐき部分)
  • 決められている
    (レジンプラスチック)
  • 自由に選べる、使える素材が多い
  • 好み、機能によって使い分け可能
人工歯
  • プラスチック
  • プラスチックの他に、セラミック、金属などが選べる
製作工程
  • 印象(型取り)1回
  • 特殊器具等使わない
  • 精密な印象(型取り)
  • 精度を上げるための器具を使用
  • お顔に合わせた設計ができる
審美性
  • 不自然な感じ
  • 自然な色に合わせられる
調整
  • 痛いところなどの調整が多い
  • 精度が高くなるため調整が少なくて済む
→治療の流れと料金はこちら

神奈川県藤沢市南藤沢8-3
プレジデント藤沢112

大きな地図で見る

藤沢駅より徒歩5分
OKストア斜め向かい、プレジデント藤沢の玄関を入って右奥
※駐車場をご利用の方はお問い合わせください。

お問い合わせ